危険物取扱者資格の取り方と勉強法

危険物取扱者資格の取り方と勉強法

危険物取扱者資格の取り方と勉強法

 

危険物取扱者は、毎年多くの人が受験する人気の資格です。

 

ガソリンスタンドなどでは必須の資格ですが、どんな種類があって取り方はどのようになっているのでしょうか?今回は、種類や取り方だけではなく、合格率や勉強法などもご紹介します。

 

 

⇒ケイコとマナブ.netの資料請求はこちら

 

 

危険物取扱者の種類と合格率

 

危険物取扱者は、大きく分けると甲乙丙の3つに分かれます。

 

  1. 乙は更に6種類の危険物に分かれます。
  2. 丙は、ガソリンスタンドで取り扱うガソリンや軽油、灯油、重油などの取扱いができる資格です。乙は様々な危険物に分かれた資格を取る事ができます。
  3. 甲は全ての危険物取り扱いができる資格になります。

 

丙資格は合格率約60%、乙資格は40%から80%と種類によって異なります。甲資格は一番難しく約30%です。

 

 

危険物取扱者の取り方

 

危険物取扱者の資格は、乙と丙の場合、誰でも受験する事ができます。工業高校などでは、在学中に受験する人もいますが、甲資格は、短大・専門学校・大学卒業程度または乙資格取得後実務経験2年以上などの受験条件があるので気を付けましょう。

 

まずは、丙や乙の資格を取得し、数年後、甲資格を取得するパターンも多いようです。仕事をしながら取得を目指す人が多い資格なので、通信講座や夜間の通学講座に行く人もいます。

 

 

危険物取扱者の勉強法

 

危険物取扱者の勉強は、甲乙丙のどの資格を取得するかにもよるでしょう。例えば、甲資格などは、短大・専門学校・大学卒以上または乙資格取得後2年以上の実務経験が必要で、合格率も3割程です。

 

資格学校の通信講座や通学講座で学習して受験される方も多いです。乙種の中でも人気の高い乙4も合格率は3割程ですが、3ヶ月程の学習で取得可能で、通信講座などを活用される方が多いです。

 

 

まとめ

 

危険物取扱者の資格は、種類によって8割近い合格率の物もあれば3割程の物もあります。仕事と直結している資格なので確実に取得するなら資格学校等での専門的な学習が必要でしょう。

 

⇒ケイコとマナブ.netの資料請求はこちら

 

関連ページ

医療事務資格の取り方と勉強法
医療事務の資格を持っていると、病院や薬局、介護関係の施設など様々な場所で働くことができます。医療事務は、土日祝お休みの求人が多い為、女性にも人気の資格になっているのです。
行政書士資格の取り方と勉強法
様々な局面で行政書士資格を持っていることが有利になる場合もありますので、時間をかけて学習し一発合格を狙いましょう。
簿記3級資格の取り方と勉強法
数学が好きな人なら、すぐに理論をマスターできる事もあるので短期間での取得も可能になります。社会人になってから役に立つことが多い資格なので、商業に関係ない仕事を目指す人でも取って損はしない資格です。
保育士資格の取り方と勉強法
保育士の勉強は、筆記試験がポイントになります。資格サイトや資格学校の通学や通信講座で学習した方が良いでしょう。
調理師資格の取り方と勉強法
調理師の難易度は5段階で2程と優しいので、暗記が得意な方などは、短期間の学習で取得可能な資格です。調理師の合格率は約60%、数ヶ月間の間に食文化論や衛生法規、食品衛生学、調理理論、公衆衛生学、栄養学、食品学などを学習して下さい。
知的財産管理技能士資格の取り方と勉強法
現在、政府の政策により推奨される資格がいくつかありますが、その中の一つが知的財産管理技能士です。
建設業経理士資格の取り方と勉強法
簿記の仕組みを判っていると短期間の学習で建設業経理士2級は取得できます。1問から4問までは暗記問題も多いので繰り返し学習が合格へのポイントです。
介護事務資格の取り方と勉強法
介護事務は、特別養護老人ホームやケアホーム、老人介護施設などでレセプトなどを作成する仕事を行う事務職員です。
MOS資格の取り方と勉強法
営業やサービス業でも、MOS資格を持っているかどうかで仕事のはかどり方が違うでしょう。パソコン関係の職業に就きたい方は、まずMOS資格にチャレンジしてみてください。